ルビーマッシュルーム,ウコン

ルビーマッシュルームとウコンはどっちが効果が高い?その真実を調べてみた!

最近、アルコールサポートドリンクは、数多く販売されています。
その中で、どれが効果あるのか?迷うところですよね。
アルコールサポートと言えば、ウコン派も根強いですし、ウコンの成分の方が何となく安心できる?

 

ルビーマッシュルームは、実際に何の成分だか、よく分からない方も多いです。
そこで、ルビーマッシュルームとウコンの場合、より効果が期待できる方を調べてみました。

 

 

 

ルビーマッシュルームとウコンの違い

 

 

今までの常識であれば、二日酔いやお酒の席ではウコンが含まれたドリンクを飲んでいましたよね。
ですが最近はルビーマッシュルーム派も多いようです。
実際にウコンとルビーマッシュルームの違いって何?と思いますよね。

 

 

まず「ウコン」。

 

ウコンと言えば、「ウコンのチカラ」が有名ですよね。ウコンはインドを主に原産地としたショウガ科の植物です。
ウコンの種類は季節により春ウコンなどあり、その数は30種類程度と言われています。

 

ウコンの成分の何がアルコールに対して効果があるのか?
ウコンの成分を含んだウコンのチカラには、二日酔いに効果が期待できる、クルクミンやビサクロンが含まれています。
全ての配合がバランス良く含まれていて、肝臓保護や抗酸化作用に効果をもたらすのです。

 

 

一方、「ルビーマッシュルーム」はウコンに比べると歴史は短く、そもそもルビーマッシュルームって何?と思っている方が多いと思います。

 

ルビーマッシュルームは、台湾の山奥で見つかったベニクスノキタケというキノコです。このキノコは、非常に希少価値が高い物です。
牛樟という木で栽培されベニクスノキタケ菌糸として成長して、台湾では、古来万能薬として使用してきました。
美しい赤色をしたキノコから、ルビーマッシュルームと呼ばれています。

 

日本では、ルビーマッシュルームを使用したのは、株式会社I-neが最初です。
ルビーマッシュルームはβグルカンという成分が、肝臓を保護する役割があります。
更にルビーマッシュルームドリンクに含まれているL-シスチンは、カラダの中に溜まった毒素をスムーズに分解し排出してくれます。
オリゴグルコサミンは免疫強化作用があり弱った細胞を正常にする作用があります。

 

 

 

ルビーマッシュルームとウコン!実際にどちらを飲めば良いのか?

 

 

結局、ウコンもルビーマッシュルームのドリンク、どっちを飲めば良いか迷いますよね。
ウコンのチカラもルビーマッシュルームもアルコールサポートドリンクとして、肝機能を保護する成分が含まれています。
二日酔いをカバーしたいのであれば、ウコンのチカラを飲んでも良いと思いますが、連日の飲み会が続くとなるとルビーマッシュルームの成分がおすすめです。

 

ルビーマッシュルームは、肝臓を保護する役割が強いように感じます。
カラダの中に溜まった毒素をスムーズに分解し排出しつつ、免疫強化作用があり弱った細胞を正常にする作用するからです。
また、特にアルコールサポートドリンクの独特の苦味がニガテな方は、完全にルビーマッシュルームのドリンクがおすすめです。

 

 

ルビーマッシュルームドリンクであれば、グレープフルーツのような味です。
苦味も差ほど強くない為、女性でも飲みやすい。100%グレープフルーツジュースを飲んでいると程よい苦味に似ています。

 

アルコールから肝臓を保護してくれる成分は、ウコンもルビーマッシュルームも含まれていて同じです。
体質に合っているか、いなか、それは個人差がありますので、より自分自身に飲みやすいドリンクを選ぶと良いと思います。

 

どちらも清涼飲料水であることは変わりありませんし、薬ではありません。絶対的にコッチが効果あると一概に言えません。
ただアルコールの前に後味悪くならない、独特の苦味がないとすれば、ルビーマッシュルームが飲みやすいと言えそうです。
またルビーマッシュルームはカプセルタイプもありますので、ライフスタイルに合わせて、ドリンクやカプセルと切り替えることもできます。

 

 

二日酔いには今話題のルビーーマッシュルームがお勧め!