二日酔い,ならない,飲み方

二日酔いにならない飲み方!実はこんなのも簡単な方法が!?

 

 

飲酒の機会が増えるシーズンになんってきました。
会社の忘年会、学校の同窓会、仲間内の飲み会、年始年末ということもあって、いつもよりお酒の量が増えるのではないでしょうか。

 

次の日の二日酔いが心配ですよね。できることならなりたくない、そんなあなたのために二日酔いの対策法を教えます!
また、なぜ二日酔いになるのかも知っておきたいですよね。安心してください!調べてますよ(о´∀`о)ぜひ読んでみてください!

 

 

 

二日酔いにならない為にするべき対策法

 

 

二日酔いの対策をしっかりして、けだるい朝とおさらばしましょう。

 

◎飲む前から対策するべし!

 

1.空腹で飲まない

空腹でアルコールを摂取すると吸収が早く、酔いが早くなります。
飲酒の前に脂肪やたんぱく質をとるとアルコールの吸収を遅らせる効果があります。
おすすめはドレッシングをかけたサラダ!脂肪もとれ、栄養もとれます◎

 

2.水分補給しておく

アルコールには利尿作用があり、飲酒すると水分が失われます。
トイレが近くなるのがその例です。飲む前から水分補給しましょう。
また、ウコンなどの肝機能の働きをよくする栄養ドリンクをとっておくと、肝機能の働きを高めるので二日酔いを防げます。

 

 

◎飲んでる最中も気をつけるべし!

 

1.一気飲みしない

一気にアルコールを摂取すると、体への負担が多く、酔いも早まります。ゆっくり飲みましょう。

 

2.お酒の間に水を飲む

先程も書きましたが、アルコールは利尿作用があります。とった以上の水分が出るので、水を飲んで脱水症状を防ぎましょう。
また、アルコールをうすめる効果もありますよ。

 

ここで注意したいことがあります!水分補給ならなんでもいいわけではありません。
スポーツドリンクや炭酸水は、飲酒中にとるとアルコールの吸収を早めます。
また、冷たい水は吸収されにくいです。なので、飲酒は常温の水をお酒の間に飲みましょう!

 

 

◎飲み終わったらこれをすべし!

 

1.水分補給する

アルコールで失われた水分を補給しましょう!ここでは、ポカリやアクエリなどのスポーツドリンクを飲んだり、しじみの味噌汁といった飲み物が良いでしょう。
スポーツドリンクは失われた水分、糖分、塩分を補給できます。常温、さらに温めて飲むと体に吸収されやすいです。
しじみの味噌汁は肝臓の働きを助けて、水分もとれる体に優しいことだらけです。

 

栄養ドリンクやサプリもいいですね。
寝る前にアルコール分解を頑張っている肝臓にパワーを補充してあげましょう。

 

2.睡眠をしっかりとる

しっかり睡眠をとり、脳や体をゆっくり休めましょう!体は疲れていますよ。回復させてあげてください。

 

 

 

飲み過ぎ厳禁!二日酔いはどうしてなるのか?

 

 

二日酔いはいくつかの原因から起こります。

 

1.アルコールを分解すると発生する有害物質の蓄積

二日酔いの原因といわれているのは、「アセトアルデヒド」という物質です。(・ω・`)
体の中のアルコール分解が間に合わなくて、アセトアルデヒドが体の中に残ってしまうことで二日酔いを起こします。
症状は頭痛、だるさ、吐き気です。

 

2.脱水症状

アルコールによって失われた水分不足で脱水症状になり、二日酔いが起こります。
症状は頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振などになります。

 

3.低血糖

肝臓はアルコールが体内にあると、分解を優先して行います。
肝臓は働くとき糖分を消費します。足りなくなると低血糖になり、二日酔いが起こります。
症状は頭痛、だるさ、筋肉痛がおこります。

 

 

これらすべて飲み過ぎが起こります。
人のアルコール分解できる量は生まれつき決まっています。自分の体質を知り、お酒の量を調整しましょう。
飲みすぎた時はきちんと体に必要なものをとり、自分の体を大切にしてあげてください。

 

 

 

まとめ

 

 

二日酔いにならない飲み方を見つけれましたか?
飲み方や飲む前後に対策することで、二日酔いは防げます。

 

また、なぜ二日酔いが起こるか分かっただけで、気をつけて飲酒できますよね(о´∀`о)
楽しく飲んで、次の朝は気持ちよく起きましょう♪お酒と上手に付き合って体を大事にしてください。

 

二日酔いには今話題のルビーーマッシュルームがお勧め!